http://aiponne.blog.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2011.09.13.Tue(03:55)
弦とか弦とか弦とか(その2)+ライヴ前だよ

 

●弦レビュー
 以前このブログにも書きましたが、課題になっていた弦の比較レビューを
今回比較したのはR.CoccoとSadowsky Bright Nickelです
両方ともニッケル弦、ゲージは同じ045-105で

 ・サド
 パッケージが黒と青の2種類ありますが、今回は黒い方です(前回の記事参照
"Bright Nickel"なんて書いてあるから
どんな代物だろこれーwwとか思っていたのですが
ドンシャリなんだけどもサドらしい低めのローの音
それに加えて※'Addarioとかにありがちな
張り替えたての耳に刺さるような感じがしませんでした
ベース単体の音がかっこいい!(^q^)

 ・リチャード・ココ
 ハンドメイドの弦です。
ちなみに普段メインで使ってます(recommends参照
最初から比較的落ち着いているけども埋もれない音でローミッド付近が出てくる感じかな?
手触りも柔らかくて手に馴染む感じが気に入っています


 弦が死にはじめてからはどちらも似たような音に...
これは自分の耳が悪いのかそれとも製造している会社が同じだからかな...?
今回は製造が同じ会社で弾き比べてみたかったのでこういうチョイスになりましたとさ

もう弦なんて自分の気に入ったやつ使えばいいよ!w

どちらかと言われたらR.coccoを選ぶ...かなあ


●The interviews
 いま流行りのインタビューズはじめました!w

普段ブラウザ前で体育座りしていたり
ふぁぼったークラスタのpost見てグヘヘ
とかにやけちゃってる大きいお友達もこれで一流記者だね!

http://theinterviews.jp/aiponne_bass/interview

よかったら質問投げかけてやってくださいな。
まったりと答えていくつもりなので興味ある方はお気軽にどうぞっ

---------------------------------------------

週末、18日はいよいよliveですねー♪
楽しんできますヾ(*´∀`*)ノ
 
スポンサーサイト

 

 

 

 

2011.07.31.Sun(00:24)
弦とか弦とか弦とか

 

aaaa

先日弦を購入しました。
といっても普段使っているものではなく
SadowskyのBright Nickelでございます。
ゲージは普段と同じ045-105で。

普段はR.Coccoのニッケル弦を使用しているので
どういう音を出してくれるかが楽しみです。

とある方から比較レポートの課題を出されたので
まったり弾きながら今度書こうかと思います。

皆さんは何の弦がオススメでしょうか?
 

 

 

 

 

2011.06.23.Thu(22:53)
機材など

 

以前からちょくちょく「機材何使ってますか?」というお声を頂くので
簡単な記事にしてみようかと思います。

----------キリトリセン----------

まずは竿物から
fender japan
Fender japan JBV
alderボディのrosewood指板というド級にも程があるジャズベの5弦です。
難点はナット幅が42mm(4弦プレベと同じ)だという所くらいですかね。。。
つまり、通常の5弦よりも弦間が狭くなっております。ということです。
ですが、やはり"ジャズベらしい"音を鳴らしてくれます。
2年とちょっとくらい前に同メーカーのJB75と悩んだ挙句こちらのベースを購入しました。

vanzandt
最近メインになりつつあるこちらのベースです。
去年、Vanzandt JBV-R1にオーダーを行ったもので御座います。
店頭に置いてある同モデルのベースを試奏した際
「これだ!」っていう衝動みたいなアレがアレしたのですよ。

 カラーをオリジナルのものに、ピックガードをホワイトパールの3Pに変更したものです。
あと実はネックをrosewoodのブロックインレイにしようと試みたのですが、予算の兼ね合いで断念しました。。。
white ashのボディにmaple指板。材の点からすればこれも定番ですね。
white ashの中でも軽い材を使用しています。軽いash材の音は個人的に非常に好みです。
ネックも"サラッ"とした手触りでフィンガリングの際スムーズに移動できます。
passiveベースにしてはパワーもある方では。
twitterでフォローしている方が仰っていたのですが
vanzandtのベースやギターは非整数倍音で
無駄な所が出ないように計算されて作られているとかどうとか。。。(ソース無しです)

つまり、音抜けが宜しいと。
 難点を述べるなら、塗装が非常に薄い所ですかね。
ボディの塗装が簡単に削れる程です。
故にこの良い音が出るのではと思っているので、自分はこれで満足です。
短所も裏を返せば長所になります。

 今度メンテついでにリフィニッシュに出して上げようと思います。
そういえば今年の2月末でvanzandtのカスタムオーダー受付終了みたいですね。
滑り込みでオーダー出来て良かったです。。。
 ところで、ニコ動でvanzandtのベース使いは今の所自分だけかな?
他にvanzandt使いが居なくて寂しいです、、、どうもぼっちです。

----------キリトリセン----------

お次は足元です
あしもと
 KORG DT-10→EBS MultiComp→Aguilar Tone Hammer
サプライがVocuのBabyPowerPlant(TypeB)です

 マルコンはコンプっていうよりも音作りの要員として起用しています
ModeはTubeSIMでcomp11-12時くらいでしょうか
音抜けが良くなりますよね
 ToneHammerは以前アキバのイ○ベのセールに
ぽき山さんと一緒に参戦した際無い袖を振ってまで購入した代物です
まだ音は全然作り込めてませんがw
Low-Midが前に出てくる感じが非常に好みです。
midにfrequencyが付いてるという点も◎
右側についてるAGSがブースト的な役割だったかな?
歪んでくれます。割と好きな感じに。
 Vocuのサプライは優秀なコだったりします
9Vのoutが11口に12vが1口、18vが1口ついております。
かなりコンパクトで、ボードに置いても邪魔にならないという点でこのサプライにしました。
エフェクター多用される方なんかは特にこのサプライは使えるかと。

mxr
 MXRのM-80 Bass D.I.です
録音時の足元はtone hammer導入以前はマルコン→インタフェースで
こちらはライブの際に使用していた代物です。
Rock~HR/HMに合いそうな音、っていうのが個人的な見解でしょうか。
ブリッとした音を鳴らしてくれます。左上のcolorボタンを押すとドンシャリ気味な音に。
現時点で所有しているエフェクター類はこの位しかないです。

----------キリトリセン----------

 以下は録音時に使用する機材です。
といっても定番のものばかりなので説明は省いても。。。

ua25ex
オーディオインターフェース、UA-25EX
定番中の定番ですね。説明する必要がないって位でしょうか
 
cd900st
SONY MDR CD900-ST
こちらも定番中の定番のモニター用ヘッドフォン


 所有機材は現時点(2011/6/23)でこんな感じになります。
機材はそれなりに良いモノを使用しているのに、演奏力が付いてこないのが残念な所。。。
"これ買ったんだから頑張って見合うレベルになれるよう練習しよう!"
とは思っているのですがそう簡単には上手にはなりませんよねw

また新しいものを買ったり詳しく説明する機会があれば記事にしていきたいと思います。
 

 

 

 

aiponne

Author:aiponne

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 aiponne, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。